2007年02月28日

帝京合宿inかたしな高原3日目

今日は朝から気温が高く、深夜や早朝の冷え込みも無かったらしく、バーンがかなり緩んでいたので、1セット目から硫安を投入した。強風だったので、雪面の水分がとんでしまい硫安の効きは多少、悪かったけど、11時ぐらいから冷えた北風が吹き、小雪もちらつき、かなり冷え込んだので思ったよりコースも荒れずに、良いコースコンディションを保てた。


AM GS。

バーンは昨日と同じ1枚バーンの中斜面。
セットは昨日より1旗門増やし、昨日のまで行ったものをより速いタイミング・リズムで仕掛けなければならなくした。


Image082.jpg

なので、苦労する選手が多いかなぁと思ったいたが、ほとんどの選手が昨日より滑り自体もイメージも良くなっていた。単純にセットのリズムが良かったこともあるけど、選手にイメージ良くなったんじゃない?って、聞いたら。
「昨日の夜はみんなでひたすら、ビデオを見続けていました!」とのことで、自分の直すべき点が明確になっていたことと、速い人の滑りを何度も見たことによって、良いイメージができていたのだと思う。

コーチング自体はあまり細かいことは言わずにベーシックなことをひたすら言い続け、それに対する練習方法を提案しているだけだけど、数名の選手は大袈裟に言うと化けはじめてきたり、化けそうな匂いがでてきた。


PM SLフリートレーニング。


合宿も折り返し地点になったこともあり、疲労の蓄積なども考えて、午後はSLのバリエーショントレーニングを軽くして早目に切り上げた。


その代わり、明日は終日SLで疲れてもらいますけどね。


posted by よっくる at 21:05| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

帝京合宿inかたしな高原2日目

今日も天気は快晴&気温は高い。
さすがに、二日連続で暖かかったので、バーンも緩んできたけど、午後は硫安を使ったので、終日、まぁまぁのコンディションでトレーニングできたのではないでしょうか。


トレーニング自体は終日GSを行った。

コースは中斜面の1枚バーンでとても基本トレーニングに適したコース。2日目ということもあり、セット自体も、インターバル・ふり幅、共に広めにして、昨日のバリエーショントレーニングのイメージや動きをロングポールの中でもしかっり出来るように心がけてもらった。

午後はタイマーを使用してのトレーニングを行ったけど、慣れない硫安で固めたバーンや変にタイムを意識してしまい、動きが硬かった選手が多かったけど、3月以降は試合も多いし、硫安で固めたバーンでの大会の方が確実に多いので、硫安やタイムを測ることに慣れて欲しいと思った。

トレーニング終了後は滑りのイメージが残ってる間にビデオミーティングを行いたかったのと、早くミーティングすることによってその後の時間を有効につかって欲しかったので、16時過ぎにはミーティングをした。

自分のイメージと実際の滑りの差はコーチングだけでは理解しずらい部分があるから、ビデオで実際に自分で自分の滑りを確認するのはとても有効だし、一時停止やコマ送りなどで流れの中では分かりにくい部分もチェックできるので、自分の滑りを何度も見たり、速い選手の滑りを何度も見て良いイメージを作ったり、
また、速い選手と自分を比較したりして、ビデオを有効活用してもらいたい。

みんな少しずつではあるけど、イメージが良くなってきてるし、滑り自体も変わりつつあるので、あと3日間が楽しみです!(考え過ぎたり、悩みすぎたりするのはしょうがないけど、落ち込んで元気をなくさないように!なんでも最初から上手くいくわけがないので)


ではでは、明日も元気良くいきましょー!!
posted by よっくる at 19:43| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

帝京合宿inかたしな高原1日目

今日から金曜日までの日程で帝京大学医学部スキー部の合宿を、かたしな高原で行っています。


今日は午後からのトレーニング。

天候は晴れで暖かすぎるほどだったけど、金曜日が雨で土日が冷え込んだおかげで、ベースがしっかりしていたので、1日中、バーンコンディションは良かった!


テスト明けで久しぶりのスキーの学生も多かったので、中斜面での主にバリエーショントレーニングを中心に行い、後半の1時間弱はリズムが一定の広めのGSをした。

年末の合宿から言い続けていることだけど、

@ポジション
A角付け
B外足加重(外足加重するためのアンギュレーション)
C運動(加重してスキーをたわませてあげたものを推進力に変える)
Dフォールラインへの意識(ローテーションさせない。)

その中でもABを意識できるようなバリエーションを行った。
ABがある程度できている学生にはDを意識するバリエーション。


今回の合宿のテーマは、まず第一にズレない滑り。(ズラすならターン前半。ターン前半のズレはズラすだけどターン後半のズレはズレるである。)その次に、フォールラインに対しての粘り。


初日にして、バリエーショントレーニングで何かを掴みかけている学生もいたけど、ポールを普通に滑らせると元に戻ってしまう。

なので、明日から4日間でそれぞれのレベルの中でも、何かを掴んでいって貰いたいし、掴んで貰えるようなコーチングをしたいと思います。


ちなみに、明日からのスケジュールは

27日(火)AM・PM前半 GS(中斜面)PM後半 SLのフリートレーニング?

28日(水)AM GSタイムトレーニング(中斜面) PM SGタイムトレーニング

1日(木)AM・PM SL

2日(金)AM・PM GSロングコース(1分弱のコースでの大会を意識したタイムトレーニング)

という、予定です。(もし、トレーニングに飛び入り参加されたい方がいらっしゃれば連絡下さい。)



そーいえば、今週は同じ日程で、お隣の尾瀬岩鞍で毎年恒例の富井次郎さんと丸山英明くんがDHキャンプをやっています。自分もDHやりたいなぁ…。      
posted by よっくる at 18:23| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

SAJナショナルデモ&ATOMIC07〜08モデル。

この土日は、かたしな高原で足利市スキー協会の技術戦が行われた。(土曜日はレッスン・日曜日が技術戦・更にATOMICの来期モデルの試乗もできる。)


で、そのレッスンのコーチ・技術戦のフォアランナー・ジャッジとして、SAJナショナルデモでATOMICデモチームの松澤 寿さんが来ていた。


寿さんとは自分がアトミックでスタッフをしていた時から、お付き合いをさせて頂いていて、デモチームの選手の中でも、自分を可愛がってくれた先輩だけど、自分が、かたしな高原に来てからは雪上でお会いできるのはこの時だけになってしまった。本当はもっとゆっくりお話がしたかったけど、お互い、仕事だったのであまり話せなかったのは残念だった。


その代わりではないけど、寿さんがもってきた来期モデルの板を試乗できたので良かったです。


Image080.jpg

(持っているのは来期モデルの板です。競技系のラインナップのデザインはやっぱり赤・白・黒。デモ系のラインナップのデザインは水色を主体としたカラーリングでした。ちなみに写真には写ってないですが、ブーツもレーステックがロアーが水色・アッパーが青のものを履いてました。あと、純正でブースターっぽいのが付いてます。試乗レポート等はもう1度、どこかでテストできれば、その時にしようと思います。)


それにしても、相変わらず、寿さんの内傾角は凄かった!!


全日本技術戦、頑張って下さい!!




それと、土曜日には、去年、かたしな高原スキーキャンプの常勤をしてくれていた、田口和馬くんと今年からATOMICの群馬県エリアのコーチになった、勝又歩美ちゃんが来てくれて、和馬君はレッスンも手伝ってくれました。ありがと!そして、また期待してます。
posted by よっくる at 18:24| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

今シーズン初!&初戦にして最終戦!?

昨日、丸沼高原で開催された、群馬県民体育大会冬季大会兼群馬県都市親善競技スキー大会に出場してきた。


この大会は個人の戦いでもあり各スキー協会ごとの団体戦でもある。(個人のポイントがそれぞれのスキー協会に加点されて総合優勝を争うシステム)


当初は出場予定はなかったが、前日になり渋川市から選手が足りないので、どうしても出て欲しいとのオファーが…日曜日の忙しい時にスキー場を空けるのは気が引けたので、1度は断ったのだけど、いろいろあって、結局でることに。。。。。


今シーズン初のフルワンでのロングポールがいきなり大会!ちょっと、ビビりながらも怪我だけはしないことを心がけて滑った。結果は3位。。。。怪我しなくて良かったし準備不足だからこんなもんかなって、ホッとした気持ちと1位まで0.3秒に悔しい気持ちと両方だった。


トレーニング不足と実戦不足を痛感させられた大会だった。今シーズンの大会はこれが初戦にして最終戦になるだろうけど、本音はあと2試合くらいでたいなぁ。。。



それにしても、やっぱりフルワンはスピードが違うね!確実にスピード負けしてたもん!(笑)しかも、ゼッケン321番!コースも荒れ放題でビビったぁ……。

posted by よっくる at 13:03| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

お見舞いのつもりが…。

昨日は怪我人を上毛高原駅まで送るついでに(ついでと言っては失礼だし、お見舞いに怪我人を連れていくのもどうかと思ったけど、シーズン中はなかなか忙しいから、こーいうときでもないと行けないので…)水上の蕎麦屋「角弥」(カドヤ)に行って来た。

目的は蕎麦を食べるためではなく、高校スキー部の後輩でチームアルビレックス所属の日本のトップレーサー渡辺靖彦君のお見舞い(1月に韓国で前十字靭帯の断裂と内足靭帯の損傷と半月盤損傷)と、その兄である、自分の同期の渡辺一彦君の国体の健闘を讃えるためである。


自分達が蕎麦屋についた時、靖彦君は病院に行っているらしく不在だったので、お昼ゴハンを食べながら待たせてもらいながら、兄の一彦君とお話し。国体のことや、今、話題のあのことや。。

ゴハンを食べ終わった頃に、ちょうど靖彦君が帰ってきたので、怪我の状態など話を聞かせてもらった。

半月盤の手術は先月に終わっており、当初の予定では2月9日に前十字靭帯の手術の予定だったが、内足靭帯の損傷が回復する際に膝が曲がった状態で靭帯が癒着してしまい。膝が伸びないので、手術が延期されているとのことはブログで知っていたが、自分が尋ねた日は、その膝の伸び具合を主治医に見せ今後の方針を決めてきた日だった。


本人は「発表会に行ってきたけど、ダメでした!」って、明るく報告してくれたけど、思った以上に膝が伸びなかったらしい。。。


結果としては、来週月曜日からの入院で機械を使って膝を少しずつ伸ばしていき、手術の予定日は3月9日になるとのこと。


約50日間の入院になるそうで、かなり嫌がっていたが、術後の復帰に向けての準備はかなり万全に整っているという良い報告も聞けたし(高圧酸素療法?高濃度酸素療法?皆川賢太郎さんも行っている療法で、その装置は日本では数えるほどしかないらしく、賢太郎さんでも探すのに苦労したらしいけど、靖彦君は運が良いことに、地元の群大付属病院が4億円くらいする、1度に20人も入れる装置(部屋)を持っていたのだ。その他にも、コンペックスや加圧トレーニング等々。)何よりも本人が凄く前向きなのを見れて安心した。


時間にしたら1時間もなかったと思うけど、入院前に会えて良かったと思う。シーズン中は中々忙しくてお見舞いに行けないけど、病院にもお見舞いに行きたいと思います!!!

頑張れ!!靖彦!!!

それと、お見舞いに言ったのに、自分がお見舞いで持っていったケーキの倍くらいの物を(舞茸天ざる蕎麦・鍋焼きうどん・コーヒーにアイス)ご馳走になってしまいすみませんでした。やっぱり、角弥の蕎麦は最高です!!








それと、悲しいことですが、群馬県出身のスキーヤーとして、書かなくてはならないことがあります…。

アルペンレーサーなら、ほとんどの方が既にご存知だと思いますが、群馬県の元国体選手がスキーの窃盗・転売で逮捕されました。


靖彦君のように、困難に立ち向かい戦っている選手がいるのに、同じ群馬県出身の選手がこのような事件を起こしてしまったことに対して、言葉では表現できない怒りや悲しみを感じています。絶対に許されないことです。


まだ捜査中なのでこれ以上のコメントは控えさせていただきますが、今後の群馬県連をはじめとした、関係各所の毅然とした対応を信じています。
posted by よっくる at 23:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキーって怖い…。

(2月3週目のできごと。続き。)


マスターズカップは無事に終わりましたって、報告したかったのだけど、前走をやっていたスタッフの女の子が大転倒!救急車で運ばれてしまいしました。


彼女は自分がコーチを始めて2年目に大学1年生で、自分の始めての教え子でもあり、自分が始めて使ったスタッフでもあった子で、今年、大学4年で最後のインカレをひかえた調整で、かたしな高原にきていたんだけど、インカレの日程変更や卒業を間近に控えていたので、1ヶ月ぶりくらいのトレーニングだった。。。


時間のない中での調整ということで、前日は、ほぼ終日SLをやって、最後の3本くらいをGSにして、マスターズカップの前走をしながら少ない本数を集中して大会のつもりで調整しよう。というプランだった。


前走1本目は突っ込み過ぎて、斜面変化で失敗。2本目にむけてアドバイスや作戦の相談。
自分も1本目はゴールエリアから見ていたけど、2本目はもっと近いところで、しかも、ポイントになる場所で見たいと思ったので、コース内で見ることに。。。

しっかりと1本目の失敗を修正をして斜面変化も完璧!一番スピードがのってくるパートも完璧!俺の前を通り、後は緩斜面につなげるだけ!自分がコーチングしてきた4年間で最高の滑りだった。そして、ゴールまで残り4旗門…抜重のタイミングとシニアの方達の高いライン取りの溝とがあってしまったのか、一瞬、操作不能に立て直そうとするが、大股開きでトップスピードで、コース外へ、ヘッドスライディング!!

転んだ瞬間に危ない!って、分かる転び方…。
(顔面を強打し、その反動で身体がえびぞった。)

即行で駆けつけると、うつ伏せのまま動かない…


声をかけると、最初の一言が「ごめんなさい…。」自分のことより、前走で転んでしまったことや、大会運営を遅らせてしまっていることの謝罪…。


でも、それで、意識がはっきりしていることが分かったので、ちょっと安心したけど、まだ、うつ伏せのまま…。


顔を横から覗き込んでみると、多量の出血が…。自分の覗き込んだサイドからは大きな外傷は見えなかったので、鼻血??って、思ったけど、まずは他に痛い箇所が無いか確認してみると……。

「背中と首が痛い…。」

この言葉を聞いたときに、かなり『ぞっ』っとした…。

足(膝など)が痛いのであれば、言い方は悪いかもしれないけど最悪でもスキーができなくる程度で、手術・リハビリで日常生活はできるようになるだろう。

でも、首や背中の怪我が酷かった場合は麻痺やなんらかの障害、不随等のスポーツどころか日常生活にも影響がでてしまう可能性もある。

なので、その姿勢のまま動かないように指示をだし、励ましていると、パトロールが到着。

状態の説明をし、首を固定してもらい、首や背骨を固定して搬送できるボードを持ってくるようにお願いした。


ボードに乗せるために、初めて仰向けにした。


女の子だから、首や背中の痛みが気になるのはもちろん、顔の怪我も気になっていたので、確認してみると、出血の量の割りに傷はたいしたことはなかった。(唇が多少、切れていたのと、左頬の薄皮が2〜3センチ四方で剥けていたのと、小さい傷が少々。)完治すれば後には残らないはず。


意識もはっきりしてるし、手・足も自分の意思で動かせるようなので安心したけど、頭も強打し、首・背中も痛いとのことなので、大事をとって、救急車にきてもらうことになった。


自分の大会の仕事はセッターだったので、大会運営は上司に任せて、救急車の後を追って病院へ。

片品には大きな病院はないので、沼田の病院に搬送になったのだけれど、病院につくまで、いろいろなことを考えた。

自分がコーチになってから、自分があずかっている選手が骨折や靭帯損傷といった怪我をした選手は何人かいたけど、命に関わったり、日常生活に影響を与えるような怪我をした選手はいなかったので、病院で検査が終わるまではホントに不安でしょうがなかった。


幸い、レントゲンで背骨に異常は無かったし、CTでも脳に異常はなかった。(強いムチウチと脳震盪。ただ、頭については、異常がでるまでに時差がある時があるので、注意してくださいとのことだった。)


まずは一安心。

そして、今後のこと(来週にせまった、インカレ。)4年間、頑張ってきたことを確かめるための大会にでれるのか、どうか。

整形外科の先生の話を自分も同席させて頂き聞くことに、先生、曰く「骨に異常はないので、痛みさえ我慢できれば滑ることは可能です。ただ、頭の方は、強い衝撃を受けてから1週間以内に、また強い衝撃を受けると命に関わることもありますので…」とのことだった。


まぁ、簡単に言えば、痛みに耐えて、転ばなければいいってことなのか??


そんなふうに言われれば、本人はでたいに決まっている。2日たった今でも、頭痛や目眩が残っているのでとても心配だし、そんな状態で出場しても、満足のいく結果は得られないかもしれない。


でも、4年間一緒にやってきたコーチとしては大会に出させてあげたいし、本人も出ないで後悔するなら、結果がどうであれ出場したいだろう。


きっと、彼女は出場するだろうけど、現状で出せる力を発揮して貰いたい。


長くなってしまったけど、スポーツに怪我は付き物だし、いつも、トレーニング中の安全には気を使っているつもりだけど、今回の件で、選手が安全にトレーニングできる環境作りやトレーニングの内容・組み立てなどを改めて見直そうと思ったし、コーチとしての責任や覚悟も強まったと思う。


(怪我をしたのが誰だか分かる人は励ましのメールでもしてあげて下さい!帝京の学生は誰だか分かるんじゃないかなぁ。。)
posted by よっくる at 20:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな高原スキーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

サボりすぎ??

最近、更新をサボり過ぎて、書きたいことがいっぱいあるし、書こうと思ってたけど、忘れてしまっていることも多い。。。。。

(2月3週目のできごと。)

で、まずは雪のこと。

一昨日の雪で今日現在のスキー場はとても良い状態です。ポールバーンも今シーズン初めて、1セット全てにおいてドリルが土に当たらなかった!(その分、表面は柔らかいけど…。)


とりあえず、これで一安心だけど、今後の気温次第では、1日程度の雪なんてすぐ溶けてしまうから、3月のことはまったく読めないっていうか、ダメっぽいかな??でも、今晩〜明朝にかけて雪の予報がでてるので、頑張れ、地球!!


次は、今週木曜日に、かたしな高原で開催された第4回かたしなマスターズカップのこと。


今年で3年目、(初年度は1回開催、2年目は2回開催、で、今年も2回開催予定)
開催は水曜or木曜なんだけど、スキー好きのシニアの方が、平日にも限らずたくさん集まってくれる大会です。
しかも、出場者の半分くらいは、かたしなマスターズクラブの会員の方で、その更に半分は自分が火曜・水曜に行っているポール無料レッスンの常連さんだから、スキー場にとってはとても嬉しいことです。
自分的にはコーチとして、自分のセットでいつも練習して自分のコーチングをうけている方に良い成績や良い滑りをしてもらいたいので、実は大会のセットもなるべくいつもと同じセットになるように心がけちゃったりもしている(笑)

大会自体は前日が雨だったのだけど、大会当日の朝はかなり冷え込み、バーンはカチカチに!僕らからしてみれば今シーズン1番のバーンコンディション!(シニアの方にちょっとハードだったかもだけど)天候も大会中は晴れていたので、バーン、天候ともに絶好のコンディションで行えたので、参加者の方にも満足して頂けたのではないでしょうか??

雪があれば3月に第5回が開催予定ですので、皆さん、ふるってのご参加を待ってます!

(2月3週目のできごと。続く……?)
posted by よっくる at 19:30| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな高原スキーキャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

どーなることやら……。

久しぶりの更新ですみません。。


ここ数日、暖か過ぎます。


今なんて、日没後なのに気温が5.6℃…。


で、天候も今にも雨が降りそうな曇り空(雲の色が冬の雲の色じゃないんだよねぇ…完全に雨雲)。


昼間の雪質なんて、3月後半みたいなグサグサ雪。


朝と比べても1日のうちで雪が減っていくのが目に見えて分かるくらい…。


そろそろ、無駄な足掻きになるかもしれないけど、本気でなんらかの対策を考えないと…。


その前に、明日からシーズン最大の山場、2月の3連休なので張り切って頑張っていこー!!
posted by よっくる at 19:11| 群馬 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。