2007年03月01日

帝京合宿inかたしな高原4日目

今日は昨日、書いた通りに終日SL。

天候は快晴で朝はあまり冷えていなかったので、午後が心配だったけど、またまた、冷たい北風が吹き込んで、バーンはそれなりの状態を保てた。


Image083.jpg
(よく見えないけど、ブラシのセット。)


今回の合宿は天候やバーンにかなり恵まれているので、ホントに良いトレーニングができていると思う。


午前はブラシマーカーを使っての規制したトレーニング。
午後はロングポールのオーソドックスなセットでのトレーニング。


ブラシマーカーでは、昨日までのGSの良いイメージがSLにも良い影響を与えているのか、俺が想像してたよりも動けていた。でも、ロングポールになった途端に、ポールを意識しすぎて内倒やローテーション、お尻が落ちるなど悪いところを露呈してしまったいた。


技術的なことをもう少し書きたいところだけど、それ以前の話をしたいと思う。


今日のコースコンディションは結構良くて、ポール際はベースのアイスバーンが出てくるような、意外にハードなバーンだったんだけど、滑ってるのを見ただけですぐに分かってしまうほど、エッジがない選手が!…しかも、立場的にもレベル的にもみんなを引っ張っていかなければいけない存在の選手…。


その選手は向上心も強く練習も熱心だけど、上達するための準備が出来ていない…。いくら、練習熱心でも、準備ができていなければ、練習の効率なんて上がるわけもないし、逆に、悪い癖がついてしまう可能性もある。


俺から言わせれば、「上手くないりたいです。速くなりたいです。練習頑張ります!」って、いくら言っても、そのための準備もできていないようでは、それは、ただの口先だけの人間に思えてしまう。


体育会のスキー部の選手達ではないので、中には勝つためや、強くなるためではなく、楽しみたいだけの選手も中にはいるかもしれないけど、エッジのないスキーでアイスバーンを滑って、自分の思い通りにスキー操作が出来なくても楽しいと思えるだろうか??WAXのかかってない、滑らないスキーで滑って、爽快感を得られるだろうか??


ただ、楽しむだけでも、楽しむための準備は絶対必要だし、スキーは道具が無くてはできないスポーツだから、なお更である。


また、そういう準備をしっかりした上で練習するからこそ、その準備に費やした努力の見返りとしての結果が気になってきて、結果が良ければ、嬉しさは大きくなるし、結果が悪ければ、悔しさも大きくなる。そういう気持がでてくれば、練習へのモチベーションも上がってくる。


そして、表面上の楽しさではなく、本当の楽しさが分かるのだと思う。


めずらしく、熱いこと書いてしまったけど、ちゃんと、感じてくれているかなぁ。。。


明日は最終日!大会モードでトレーニングしたいと思います!!
posted by よっくる at 19:13| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かたしな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。