2007年01月15日

アトミックジュニアカップ かたしな高原会場。

昨日は、かたしな高原でアトミックジュニアカップhttp://www.atomicsnow.jp/news/contents/384.html)が開催された。

1週間くらい前までは、雪不足で開催も危ぶまれていたけど、無事に開催でき、117人ものジュニア選手が集まってくれた。

自分は1セット目のセッターとゴール係と閉会式のジャンケン大会のジャンケン担当だった。タイムの打ちこみのシステムでちょっとしたトラブルがあり、かなりテンパったけど何とか運営の妨げにならないようにはリカバリーできたからよかったかな。

まぁ、そんな話は置いといて、ジュニア選手達は元気いっぱいだったし、ビックリする滑りをする選手も何人かいてとても刺激をもらえたので良かった。

今シーズンで3回目のアトミックジュニアカップ(かたしな会場は2回目)。
全国11会場で予選を開催して、その予選を勝ち抜いた選手が3月に行われる決勝大会に進出し、決勝上位男女2名ずつが夏の木村公宣さんのニュージーランド合宿にアトミックの負担で参加できるという、アトミックのジュニア育成の柱ともいえる企画である。

その企画に、かたしな高原や自分が微力ながらでも協力できているということはとても嬉しく思っているので、来年・再来年・その先もずっとかたしな高原で開催していければと思っています。

こんな素晴らしい大会を企画し、全国11会場をまわっているアトミックスタッフの方、大変だと思いますがジュニア育成のために頑張って下さい!!

また、大会をお手伝いしてくれていた片品スキークラブの皆様や前走を直前に頼んだのに、快く引き受けてくれてセットなどのお手伝いまでしてくれた、松井兄弟(日体大・利根商)・勝又歩美ちゃん(GSW)本当にありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!

そして、なんといっても、このかたしな高原会場から決勝進出を決めた選手のみなさん、決勝大会でも活躍できるように後2ヶ月、頑張って練習してください!!
posted by よっくる at 19:30| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

前橋市役所スキー部&神奈川国体予選参加選手。

今日は前橋市役所スキー部の方達のポールトレーニングをコーチングしました。


初めてコーチングするチームで、しかも、1日のみのコーチングだったので、午前は基本を重視したベーシックなコーチングを心がけた。

午後はブロアー(タイマー)を使った、タイムトレーニングを行った。


初めてのお客様をコーチングする時に、いつも気になるのが、自分のコーチングがちゃんと理解してもらえているか?自分がちゃんと分かり易いコーチングをしているか?満足してもらえたか?など。


お客様に満足してもらえなければ、自分も満足できないし、仕事の後の充実感も得られないから、お客様には絶対に満足して帰ってもらいたい!


そんなこんなで、今日はどうだったかなぁって思いながら、最後の集合をしてから解散したんだけど、帰り際に「できれば来週もお願いしたいのですが…。」って、とても嬉しいお言葉をかけていただけました。


前橋市役所スキー部の方達も初めてのコーチで慣れないこともあったとは思いますが、今日1日ありがとうございました。今後もよろしくお願いします!

それと、今日は明日・明後日に尾瀬戸倉で行われる神奈川県国体予選に参加するメンバーも4人ほど練習に参加させていただきありがとうございました。


神奈川県国体予選に参加メンバーで今日きてくれたのは、チームJ所属で自分と同じサッカーチーム(CAC)のチームメイトでもある、社会人レーサーのヅミさんとマル。アポなし飛び入り参加の社会人レーサーの岡本さん(大学時代の自分のチームメイトの旦那さん)。東京経済大学スキー部5年生(6年生確定??)のノザックでした。


社会人レーサーの3人は試合前の調整と思いきや、仕事や雪不足のせいで、練習不足だったようで、ガッツリ1日トレーニングしていきました。(笑)
社会人レーサーの方々のスキーに対する情熱にはホントに脱帽です!


ノザックに関しては5年生ともなると自分の調整方法を理解してきたのか、態度がでかくなっただけなのか、午後の途中で切り上げていきました。(笑)


みんな、試合直前だし、自分がコーチングしている選手ではないので、コーチングはほとんどしなかったけど、ノザックだけは「いつも、次郎さんに怒られているので、何も言われないと逆に不安です。何か言って下さい!」って、言ってました。さすが、‘どS’コーチの下で6年?やろうと思うだけあって、‘どM’に育ってますね!(笑)


でも、4人とも、スキーレベルや技術は別として身体のキレは良かったんじゃないかなぁ??


明日・明後日、頑張って下さいね!



明日は、かたしな高原でATOMIC Jr CUPが開催されるので、大会運営はもちろんセッターもしなくちゃだし、ひょっとしたら前走もだし、確実に朝はテンパルなぁ…バタバタするなぁ…。(笑)

でも、Jrの滑りを見れるのはすごい楽しみだ!


では、明日も頑張りまーす!!
posted by よっくる at 20:18| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

遅ればせながら。

みなさん、お久しぶりです。そして、遅ればせながら、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いしたします!


年末年始&3連休というシーズン始めにして、シーズン最大の山場も何とか終わり、今週の平日はお客さんも疎らな感じでスキー場自体は落ち着いてきました。(自分は今週末に前橋市役所のスキー部の方達のレッスンやアトミックJrカップあるので、なんだんかんだでその準備でバタバタしています。)


そんな中、昨日は山形県の赤倉温泉スキー場に日帰り出張という辛い予定だったけど、諸事情によりキャンセルになり、約1ヶ月ぶりの休日!?と、思いきや、実姉が、かたしな高原に練習しに来たので、休日返上でプライベートレッスン。(というか、一緒に滑りまくった感じかな。)テーマは「フォールライン」(ローテーションしない)。姉弟だから、骨格が似ているのか滑りも似ていて、苦手なところや悪いところも共通点が多いので、昔の自分をレッスンようで面白かった!


で、今日はというと、3連休に降り続いた雪のおかげで今日から本格的にかたしな高原でのポールトレーニング開始した。

Imag002.jpg


ポールのお客さんは8人だった。この時期の平日にしては集まったほうかな?来てくれたお客さんは、この雪不足で、まともなポールトレーニングができていなかったようで嬉しそうだった!というか、自分が1番、浮かれてたかも(笑)しかも、結構、本気で自分のトレーニングモードに入ってたし。。。。。

トレーニング自体は、1日GSでセット換えは1回。

1セット目はリズムの取りやすい、基本練習に適したセットで、皆さんに気持ちよく滑ってもらった。(というか、自分が気持ち良く滑りたかったから(笑))

2セット目は、リズムは、ある程度一定だけど、1セット目に比べるとかなりふり幅を出したセットで、苦労してもらい、簡単なセットではできることが、ちょっと難しくなるとできなくなってしまうことに気づいてもらおうと思った。(というか、自分がふり幅のあるセットに対応できるか試したかったから(笑))


狙い通り、2セット目は苦労していた人が多かったかな。


自分もふり幅のあるセットは苦手だけど、先シーズンにくらべると、オフのトレーニングをしていたので、フォールラインに対して先シーズンより粘れている気がした。イメージにはほど遠いけど思ったより悪くなかったので良かったし、オフトレの重要性を実感した。

しかしながら、絶対的なオフトレ不足も実感してしまった(><)(既に、腰に違和感が…)


立場的に、自分のためのトレーニングはこの時期の平日くらいしかできないので、来週中を目標に、自分のイメージにもっと近づきたいと思ってます。
(う〜ん、選手でもないのに選手みたいな内容だ…。やっぱり、せっかく練習してるから、何か目標になるレースをみつけたほうがいいかなぁ。。。)


お客さんがいないのは困るけど、明日も練習できたらいいな!

Image001.jpg
今シーズンからコーチングしている帝京大学医学部スキー部主将のキムくん。テストを目前にひかえた医学部4年生ですが、授業をサボって一人で、しかも、アポなしで来てくれました(笑)
(え〜っと、基本的には、かたしな高原にはいますが、いない時もあるので、今後は事前の確認をしたほうがいいと思うよ(笑))

posted by よっくる at 19:28| 群馬 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

合宿終了!

しばらく、更新をさぼっちゃいました(><)


26日〜30日の日程で学生の合宿を行いました。今回の合宿はいろいろなことがありすぎて、何から書けばいいのかまとまりのない文章になりそうです。


まずは初日の26日

この日は雨の中か午後からのトレーニング、かたしな高原は雪不足のため1コースしかオープンしてなかったし、コース幅もなかったので低速でのベーシックなフリーのGSバリエーショントレーニング中心におこなった。


2日目・27日

前日から雨が続き、かたしなの1コースもかなり狭くなったため、丸沼高原へ移動。丸沼もこの大雨で12月中旬よりも状況が悪くなっていた気がするけど、さすが、丸沼!全コースオープン!でも、混雑(><)しかも、かたしな高原は雨なのに、丸沼は雪!
トレーニングは個々のレベルに合わせたフリーのGSバリエーショントレーニング。午後の終わりの方には、少しずつだけど、滑りに変化がでてきたかな??


3日目・28日

かたしな高原は2日間の雨でクローズ寸前の瀕死状態(><)前日から丸沼へトレーニング行くことにしていたが、自分のホームがクローズしては意味が無いので、丸沼に行く前に6時半に出社してスタッフ総出でスコップやママダンプを使っての人力のバーン作りをしてから丸沼へ。。。

この日から、自分の出身の渋川Jrと合同でポールトレーニングの予定だったが、丸沼のポールバーンも雨で雪が薄くなりポールができなかったので、AMの空いている時間にGSのフリー・PMはSLのフリーを行った。

ポールはできなかったけど、今回の参加者は初滑りの選手も多かったので、3日間の基本トレーニングでも足りないくらいだったから、「雪不足、禍転じて、福となる。」(字あまり)って感じで、前向きにトレーニングした。


29日

この日も丸沼へ、明け方からの降雪と人口降雪により何とかポールバーンの使用の許可がでたけど、1日を3分割した時間制、うちと渋川Jr合同チームは11時〜13時30分のクール。でも、ロングポールが刺さりきらない場所が多すぎたので、ブラシマーカーを使ったSLのトレーニングをした。
規制されたトレーニングに入ったとたんに、内倒やローテーションといったようなバリエーショントレーニングで直そうとしていた部分が露呈してしまった選手が多かったのが残念だったけど、初規制トレーニングだからしょうがないのかな?

ちなみに、この日は朝から大雪警報が出ていてたので、かたしな高原のことが心配になり、トレーニング後、スキー場に戻ってみると、明日からフルオープンとのこと、昨日までクローズが心配で人力で雪出しまでしたのに、今度はフルオープンするために雪掻き!(笑)


最終日・30日


朝一で、かたしなバーン状況の確認へ、50cm以上の積雪も圧雪したことによって、20cm〜30cmにフルオープンはしたけど、ポールはできないと判断し、結局、丸沼へ。

今日は渋川Jrと合同でGSロングポール。ポールトレーニングをはじめる前に、フリートレーニング。ローテーションしないように、常にホールラインを意識させてトレーニングした。それなりに滑れる選手には、ターン後半の外足の腿が内旋するのに合わせて、内足の腿が外旋してしまっては、上体をいくらホールラインに残そうとしても身体がローテーションしてしまうので、内足の腿も内旋させるイメージを感じるためのトレーニングを行った。
GSロングポールでは、1セット目は渋川Jrの根岸コーチに広めのセットを立てて頂いて、2セット目は自分がセットし多少、ふり幅を広げた。
さすがに、2時間くらいポールにはいっただけでは、ポールに慣れたり、思い出したりするのが精一杯というう感じだったけど、最終日にしてやっとロングポールができて良かった。。。。



ホントはもっと書きたいこともいっぱいあるし、書き忘れもいっぱいあるだろうけど、今回は雪不足からはじまって、大雨→大雪と状況が悪い中でも良いトレーニングができたのではないでしょうか??参加者のみなさんどうでしたか??

Image042.jpg


次回の合宿は、かたしな高原でコースも貸切でできると思うので期待してください!!!

みなさんホントにお疲れ様でした!
posted by よっくる at 19:59| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

褒めれちゃった!

今日は早朝3時30分出発で菅平に滑りに行きました。
(かたしな高原のオープン22日予定で、オープン準備も思ってるよりハイペースで進んでいるので、今日こそホントに最後の休みだった。)


片品エリアでも丸沼をはじめ岩鞍や戸倉がオープンしてるけど、なぜ、わざわざ、菅平まで行ったのかというと、今年は雪が少ないのでオープンしているスキー場の日曜日はどこも激混みだけど、そんな中、中川岳志コーチが菅平(日の出ゲレンデ)で、朝7時〜9時30分くらいを貸切でポールトレーニング(今日はロングポールではなくマーカーでの規制)をしているので、それに参加するためだ。


貸切なので、フリーも他のお客さんを気にせずにできたし、なんといっても今シーズン、初の規制された中(広めのGS)で練習できたので、早起きして行って良かったと思った。


それに、中川さんには自分がコーチをはじめたばかりの頃にお世話になったり、一緒にキャンプをさせていただいてたりしていたので、参加者のJrの中には自分がコーチングしていた子達も何人かいて、久しぶりの再会&成長を見れたので良かった。


で、その中の中学生と高校生の女の子(当時は小学生・中学生)に、

中学生:「今日はよっくるさん上手くない?」
高校生:「うん!よっくるさん上手くなったよね!」

って、お褒めお言葉を頂きました。(笑)


子供の目からでも分かる上達ぶり!やっぱり、今年は調子がいいのかな?(笑)
posted by よっくる at 23:07| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

一人だからこそマニアックに…。

昨日は予定通り、丸沼高原に滑りに行ってきました、一人で………。
もしかしたら、人生初の一人でスキーだったかも。。。
でも、一人だから誰のこともきにせずに、昨日は相当、マニアックだった(笑)


昨日はいつも会社に行く時と同じように7時に起床して準備してから8時には丸沼のリフト乗り場にいた。今回の1番の目的はブーツのチェック&テスト。

まずは滑ってみてあたるところがあるか無いかのチェック。アタリは無かったけど、違和感を感じて、古いインナーに代えて履いてみるとバッチリだったので、新しいインナーがまだ足に馴染んでないことが分かった。それと、同じアトミックブーツ(レーステック)でも、初期のインナーと今のインナーでは多少マイナーチェンジされてるので、その差もあると思うけど、じっくり、自分の足に馴染ませていけば良いので問題なし!


次はテスト、前も書いたけど、今年は一番硬い150ではなく2番目の130にした。実はそれには理由があって、先シーズン、BOOSTERのテストをしたときに150(去年で言うと15)でテストしたんだけど、効果は分かったけど、運動が多少しずらくなった気がしたので、自分の技術や脚力などでは130にしてBOOSTERを使ったほうが、運動を損なわずにBOOSTERの効果も発揮できるのでは?という思いがあったからだ。

実際にテストしてみるとかなり良いフィーリングだった。



それと、ブーツを軟らかくするということは、運動しやすくなる反面、身体が遅れたときなどの後ろの支えも弱くなると思うので、スポイラーを入れて予め、脛の前傾角を強めてあげればいいかな?と思ったので、スポイラーをつかっての前傾角や後ろ方向の強度のテスト。

すると、思わぬ効果が!

脛の前傾角を強めた状態だとターンの切り替え時にフォールライン方向に運動をした時に、脛の前傾角に合わせて身体が前に出てくるので、スポイラー無しの状態に比べると、身体をフォールラインにより落としていきやすい感覚が得られた。


しかしながら、メリットもあればデメリットもあるもので、前傾角が強すぎると、ターン後半の加速を多少、詰まらせる感じもしたし、脛の前傾角が予め強いということは、運動してない状態でも膝が曲がっている状態なので、タイミングが送れてしまった時などは、既に膝が曲がってるぶんお尻を落とす運動しかできないという感覚もあった(これが150だったら、もっとお尻が落るんじゃないかなぁ?)。


ということで、現時点での自分のベストはRTTI130にBOOSTER(WC)にスポイラー(純正の物より半分くらいの薄さ)です。


(でも、これはあくまでも、自分の脚力や技術の中での個人のフィーリングだし、比較対象の150も同時にテストしたわけではなく、タイムテストもしてないので参考にしないで下さい。結局、タイムテストしたら150のほうが速かったりして(笑)書き始めたら長くなっちゃって…。ただの自己満足?)


で、その後は、ひたすら地味に、横滑り、プルーク、シュテムなどの低速基礎練習。最後に3本だけ気持ちよくフリーして帰ってきました。


これだけ、盛りだくさんにやったけど一人だったから滑り終えたのが11時。もう少し滑りたい気持ちもあったけど、リフト待ちもし始めてたし、実家に用事もあったので、早めに切り上げ実家へ。


実家には物を取りに帰っただけで、地元のスキーショップに挨拶&WAXの買い足しに行って、片品に帰ってきた。

片品に帰ってきてからは、またまた、マニアックにチューンナップをしちゃったけど、これ以上、マニアック話を書くと更に長くなるので、チューンマニアック話はまた今度にします(笑)


いやぁ、今年はマテリアルも体調も調子がいいので、早くポールトレーニングしてみたいなぁ(って、選手じゃないのに(笑))でも、雪が降らないことには……(><)




posted by よっくる at 07:30| 群馬 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ショックです・・・・。

http://www.team-albirex.com/news.php?page=192

記事の通り復活信じてます!
posted by よっくる at 12:56| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

スキーのチューンナップ環境。

スキーをする上でチューンナップって凄く大切だけど、個人の家でチューンナップする場所を確保するのって大変だと思う。特にマンション暮らしの人や一人暮らしの人はなおさら。

自分も一人暮らしなので家でチューンできる環境がなく、チューンするとしたら実家に帰るか、スクールスタッフの男子寮でするかだった。(でも、男子寮はシーズン中のみ)


ここ数年(選手じゃなくなってから)、自分のスキーのチューンをする回数って、凄く少なくなってしまって必要最低限しかしていなかったし、自分のスキーのチューンより選手(Jrとかの)のスキーのチューンをすることのほうが多かった。


でも、今シーズンは自分も時間を作って練習したいという欲求が強いのでチューンもしっかりやりたいと思っていた。

元々、チューンは好きなので身近に環境さえあればなぁって…そこで、アパートの共有部分の廊下でチューンしちゃうことにしました!もちろん、大家さんの許可なしで!(笑)


Image064.jpg
(ちゃんとブルーシートを敷いてやってるし掃除もちゃんとやるので許して下さい!近隣住民の方々、うるさかったらすみません。)


やっぱり、チューンをしっかりすると道具に愛着がでて大切にしようとする気持ちも強くなるから、スキーを良い状態で保つ意味以外でもチューンはとても重要だと思うし、スキーというスポーツは道具が無くてはできないスポーツなので道具に愛着を持って大切にできなければ技術の向上や成績につながらないと思う。(ちょっと、古臭い考えかなぁ(笑))


明日は予定通り、丸沼に滑りに行くつもりでーす!!
posted by よっくる at 23:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

誰かおらぬかぁ〜!誰か一緒に行こうよぉ〜!!

昨日はシーズン前の最後の休み(というか、春までまともな休みはないだろーなぁ)だったので、近くの丸沼高原に個人的に滑りに行こうと思ってたんだけど、事前に茨城県連の指導員・準指導員の講習会(500人)があるという情報があったので、断念。

でも、ブーツチューンの後に滑ってないので、ブーツのチェックを兼ねてと自分の調整も含めてかたしな高原がオープンする前に、もう一度、滑っておきたかったのが本音。

まぁ、オフシーズンは、自分のペースで仕事をやらせて頂いているので、ある程度、休みの融通はきくが、オープン直前に休むのはさすがに気が引ける。


ということで、今日、出社した時にタイミングを見計らって、上司に

「オープン前にできればでいいんですけど、1日だけお休みもらっていいですか??しかも、平日に…。いや、無理だったらしょうがないんですけど、ホント、無理だったらしょうがないです。」と、言ってみた。


上司:「なんで??」


よっくる:「長いシーズンに入る前にいろいろとやっておきたことが…。」


上司:
「そーだなぁ、シーズンインしたら、おまえは休めないもんなぁ…………」


上司・よっくる:
「………………。」


上司:
「……じゃあ、今週だったらいいよ。」


よっくる:
「あざぁ〜っす!」(つーか、やっぱり俺はシーズン中は休めないんだぁ…(><)分かってるし休めなくて当たり前だけど、そんなにサラッと言われると…。)


そんなこんなで、今週水曜日は会社は休みます!丸沼に滑りに行きます!……で、でも、一人じゃ寂しいんです!誰か一緒に行かない??
      
posted by よっくる at 17:59| 群馬 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

ブーツチューン。(先週の話ですが…)

先日、書いた通り先週の火曜日にJ☆2にブーツチューンに行ってきました。

Image061.jpg
いつもどおり、突然のお願いをしちゃったのですが、快く引き受けてくれた仁さん。


夕方6時くらいからはじめて終わったのは22時過ぎくらいだったかなぁ。。


チューンした内容はあたる場所の削りとアッパーシェルによるカント調整。


前にも書いたけど、ATOMICブーツになってから、今までのブーツよりワンサイズ小さくしたので(足の実寸25.2cmのところ24cmのブーツ)削る箇所も削る量も多くて仁さんにはとても迷惑をかけてしまった。


仁さん「これくらいでどう??」

よっくる「まだ、もうちょっと。」

仁さん「じゃあ、これでどう??」

よっくる「そこは良くなったっすけど、まだ、他が気になります。」


みたいなやり取りを何回もしてやっとフィッティングは完璧!!


で、次はカント調整。(カントの意味が分からない人がいたらJ☆2のHPで)


自分は左足が特に苦手なので、カントを測ってみるとやっぱり左足のずれのほうが多きかった。。。


自分の場合、ブーツを履いていない状態だと、膝の運動をした時に膝が内側に入る癖があるが、逆にブーツを履くと膝か外側に入ってしまいやたら蟹ってしまう。


今まではカントの調整はブーツのソールとリフトアッププレートの間にカントプレートを入れていたけど、今年はアッパーシェルをずらして対応することにした。


リフトアッププレートとカントプレートの効果は知ってる方も多いと思いますが、エッジグリップが良くなる&力が正しく伝わる&力が逃げない等、良いこと目白押しだけど、自分の様にたまにしか本気で滑らなかったり、現役選手の様にしかっりオフのトレーニングをできていない人間には、逃げない力に耐えられる程の肉体はないのでは?良い面も多いが、膝や腰への負担も多いのでは?などの疑問もここ数年感じていた。


自分の勝手な意見としては、大学生や高校生(身体のしっかりしている中学生)の現役選手やしっかりトレーニングできている社会人にはプレートをお勧めするが、それ以外の方はただ速くなりたいからといってプレートを使うのは怪我の元になるのではないかと思う。
また、Jrに関しては成長により日々、骨格が変化するし、筋肉もまだ未熟なので、カント調整をするよりは、正しい姿勢(良いポジション)で運動することによって、正しい筋肉をつけることを最優先させたいのでインソールの使用(普段の運動靴等も含めての使用)をお勧めしたい。


特に現代っ子は土踏まずのアーチが潰れて足首が内側に入っている子供が多いので、普段の生活においてもインソールはお勧めできると思う。


なので、カント調整を行う際には、プレートの対応だけでははく、インソールやアッパーシェルを含めた調整も選択肢に入れていきたい。

また、そーいう、選択肢を与えてくれて相談しながらブーツチューンをしてくれる信頼できるお店や店員さんを見つける必要があると思う。


長々と書いてしまったけど、自分のブーツチューンの知識は素人に毛が生えた様なものなので、ブーツチューンに興味のある方はJ☆2まで!


P.S
仁さん、いつもわがまま言ってすみません。ありがとうございました。






posted by よっくる at 23:55| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

期待と不安。

昨日、書いたとおり今日は丸沼高原スキー場に行ってきました。(狭山に続き今シーズン2回目)

Image051.jpg

今シーズン、初の丸沼だったけど、てっきりリフト1本の1コースしか滑れないと思って行ったら。なんと、リフト3本3コースも滑れた。

雪自体はどのコースもぎりぎりって感じだったけど、狭山に比べればコースも長いし、午前中11時くらいまではバーンも硬くてすごく良かった!

この前の狭山ではほとんどプルークとシュテムでのポジションのチェックや身体の使い方のチェックをしたので、今日はコースの長さもある程度あるので、中速で普通に滑りながらいろいろなチェック。

後半は雪も悪くなってきたので、SL板に履き替えて何も考えずに楽しく滑っちゃいました。


相変わらず、左足外足が苦手で今日はまったく左足に乗れてなかったけど、ここ数年の中では1番、自分のイメージどおりに身体が使えてる気がしたので、本格的のシーズンインが楽しみでしょうがない!


でも、冷えてくるとぐりっちょした左足が硬くなって可動域が凄く狭くなる感じがするし、痛くなってくる。で、ついでにって感じで膝も…。シーズン最後まで持つかなぁ。。。



やっぱり、スキーは楽しいな!

posted by よっくる at 22:36| 群馬 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

今更ですが…。

今更??って思うと思うけど。
先週、やっとMy New Bootsが会社に届きました。

Image047.jpg

先シーズンはATOMIC RTCS130っていう、ワイドなシェルのある程度の快適性を求めた柔らかめのブーツで甘えていましたが、今シーズンは自分のトレーニングもできる限りしたいという気持ちがあるので、RTTIというナローシェルの硬めなものにしました。

(とはいっても、もうオジサンなので、一番硬い150ではなく130にしました。ちょっと弱気。(笑))

やっぱり、何歳になっても新しいマテリアルが自分の手元にくると、ワクワク、ドキドキする。特に今年はオフシーズンのトレーニングも例年に比べたらやったし、夏も秋も海外に行かなかったので、ワクワク、ドキドキ感も倍増である。

ということで、明日、早速、丸沼高原に滑りに行ってきます!

だけど、ブーツを履いてみたら、こりゃ、滑れても1本だなって感じで、めっちゃアタるの…滑ってないのに痛いの…(><)(前にぐりっちょした左足に関しては足を入れるまででもかなり痛い。)

ATOMICブーツに変えてからワンサイズ小さくしたの忘れてた。しかも、去年はワイドなシェルで甘えてたから、一昨年の苦労を忘れてた(><)

で、いつもブーツチューンをお願いしている、自分を足元から支えてくれるブーツ職人!J☆2の小泉仁さんに早速、電話してチューンのお願い。

忙しい時期に急なお願いだったのに心良く引き受けてくれました。


仁さん、いつもわがまま言ってすみません。。。。。



明日は楽しみだなぁ。1本滑ったら、古いブーツに履き替えると思うけど…。



J☆2に興味ある方はクリック!「お気にいりリンク」の「J'sCAFE」からジャンプすることもできまーす!HP、見てみて下さい!)



posted by よっくる at 07:07| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

バスケ大会。

昨日はICI石井スポーツ主催バスケ大会2006年(宮内杯)にICIチームとして参加してきました。

Image040.jpg

もちろん、ICIの主催なので、バスケ部とかではなく参加チームはスキー部やスキーサークルの学生達。自分も学生のころからICIチームとして参加させていただき、5回くらいは参加してるのかな。

今回は全10チームのエントリーで3つの予選リーグをし、それぞれの上位2チームが決勝トーナメントに進むという形式。

ICIチームは予選を勝ち抜き、決勝トーナメントに進出したが、準決勝で敗退してしまい、3位決定戦へ…。で、またまた敗退。結果、4位で終わった。

最多優勝を記録しているICIチームも高齢化と平均体重の増加により、徐々に優勝争いに絡めなくなってきているが、ところどころでベテランらしいプレーが出ていたので、4位ながら健在ぶりをアピールできたのでは?と思いました。

Image039.jpg
写真は恒例のジャンケン大会の様子。(ウエアーやスキーグッズが貰える)

この大会に参加しているチームの半数以上は先シーズンは3月にかたしな高原に合宿に来てくれたのですが、今シーズンも来ていただける予定なので、今度は片品でお会いしましょう!それまで、怪我のないように良いシーズンを過ごして下さい!



そーいえば、昨日の東京は雨で寒かったから片品は雪かなぁって思いながら帰ってきけど、片品も雨でした(><)ちゃんとオープンできるか不安です…。東京であれだけ寒くて、片品で雪にならないとは…。。。
posted by よっくる at 06:38| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

初滑り!&初体験!

Image035.jpg昨日(というか、日付をまたいで昨日・今日)は仕事の後に狭山に初滑りにいきました。

まぁ、「今更、初滑り?しかも、片品の自宅から15分のところに丸沼高原があるのに、何故、狭山?」って感じですけど…

今週は出張で都内近郊にいたのですが、じろーさんから「金曜日、狭山のオールナイトでレッスンするけど行かない?」のお誘い。
もちろん、出張中の俺はスキー道具など持っているわけもなく、「道具が何もないですけど…。」

じろーさん、「そんなもん、何とかなる!」

よっくる、「ぢゃあ、行きます!」

ということで、ブーツは昨年、じろーさんが使ったテクニカ・ディアブロ・ウェアーはじんさんにお借りました。

ところが、肝心な板がない!ということで、人生初体験のレンタルスキー!

ブーツが選手用で板がレンタルというミスマッチ。そして、ブーツもブカブカ(しかも、自分が普段、使用しているメーカーとは違う)という、不安なシーズンインになった。

最初はブーツがあたって足が痛くなったり、レンタルスキーに慣れないのもあってモチベーションが低かったけど、やっぱり、どんな状態にせよ、滑ってることが嬉しくて、途中から楽しくなってきたので、じろーさんのレッスンに参加させていただいたり、お手本で滑らせいただいたり…(参加者の方、たいした、お手本にならなくてすみませんでした。)

トレーニング自体は22時から1時半まで3時間半の練習で八割がた低速のプルークやシュテムで滑り、自分ではポジションのチェックをし、じろーさんからは股関節の使い方を指導して頂きとても参考になりました。

今年は夏に滑らなかったので、完全に感覚を取り戻すまではいかなかったけど、とにかく嬉しかった!

こんな感じの初滑りだったんですけど、今週・来週あたりから海外遠征に行く選手やコーチがたくさんいると思いますが、怪我や事故には十分、気をつけて良いシーズンインにしてください!


posted by よっくる at 23:01| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

若いっていいなぁ。。。

今日は久しぶりに水上(みなかみ)のJrのトレーニングに参加してきました。

最近は東京方面での仕事が多かったので、首都大学東京(旧東京都立大)でのじろーさんのトレーニングなどに参加させていただくことが多かったのだが、今週は久しぶりぶりに群馬県内での仕事が多かったので、1ヶ月(ぐりっちょ)ぶりに水上に行ってきました。

トレーニングの8割がバスケで残り2割がその他の基本トレーニングだったのですが、1ヶ月前と比べて中学生のバスケのレベルがあがってた!

参加させてもらった当初は一緒にプレーしてても本気になることはなかったけど、最近はバスケの基本的な動作ができてきたのと、プレーにも粘り強さが感じられるようになってきたし、勝ちたいという意思も表に出せるようになってきたので、こちらも余裕のあるプレーはできなくなってきた。

しかも、若いので回復力が早いから技術の劣っているところは動きの量でカバーされちゃうので、一緒にトレーニングしている大人たち(渡辺君や中学の先生etcもちろん、自分も)もかなり本気になってやっている。(かなりきつい罰ゲームがあるから!)


その後の基本的なトレーニングでも、かなりバランスが良くなってきているのが伺えた。若いって吸収できることも多いし早いから羨ましい。しかも、渡辺兄弟という、素晴らしいコーチにも恵まれているので、これからの水上Jrはとても楽しみです!
posted by よっくる at 23:56| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

スキー板70本!!あっ!しかも、雪が…。

今日の午後、スキー場にATOMICからレンタル用のJrスキーとBINDINGが70Set届いた。

自分が元々ATOMICのスタッフだったこともあり、取り付け工賃を節約するために自分が一人で70本のBindingを取り付けることに…。

板が届いたからといってすぐに取り付け作業に入れるのではなく、まずは、送られて来た物全てをダンボールからだし、納品書と照らし合わせながら検品。検品が終了したら、注文書と納品書があっているかの確認。

で、やっと取り付け作業と思いきや、新しい板はビニールでパウチされているので、そのビニールを1本1本剥がし、やっと本格的に取り付け作業開始!

取り付け作業も最近の一般モデルのスキー板はレール方式といって、元から板についているレールにBindingをスライドしてはめ込んで、あとは何箇所かビスで止めるだけという簡単なタイプが増えてきたのだけれども、Jrの板は今でもゲージという道具とドリルを使ってビス穴を開けてからでないととりつけられないのである。


しかも、うちのスキー場にはゲージがないので、ATOMICサービスセンターから貸していただいたのだか、10日までに返却してくれとのこと…。今日を含めて2.5日しかないってことなんだけど…今日は午後からの作業で検品作業やビニール剥がしに時間をとられてあまり進まなかった(><)

まぁ、穴開け作業は気は使うけど簡単だから10日までにゲージは返せそうだけど…その後の取り付け作業を考えると気が遠くなる…。つーか、検品作業の時点で気が遠くなってたけど(笑)

でも、ATOMICにいたころや神田にいたころを思い出せてちょっと懐かしくて楽しかったけどね!


ちゃんと取り付けないと事故の元になるから、明日、明後日、頑張るぞ!!


しかも、今日、仕事が終わってスキー場の事務所をでたら雪が舞ってたよわーい(嬉しい顔)雪さすが、立冬だね!うちより標高の高い丸沼高原は普通に雪らしい!
posted by よっくる at 18:15| 群馬 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

スキー映画の夕べ。

みなさん、「スキー映画の夕べ」っていうイベントを知ってますか??

各市町村やスキークラブ主催で映画会&抽選会をシーズン前にやるんですけど、映画は市販されている技術戦とかのDVDとかをながす程度で、お客さんの1番の目的はそのあと行われる抽選会。(協賛メーカーの道具や協賛スキー場のリフト券が当たる。)


で、今日は群馬県内で1番お客さんの集まる映画会に協賛スキー場として参加してきた。

他の映画会では、ゲストなどはいないことのほうが多いのですが、今回は県内で1番お客さんが集まるということもあって、ゲストのトークショーもあった。(毎年、ゲストが来るからお客さんも集まるのかな??)

今回のゲストは中沢美樹さんと瀧澤宏臣さん!(ちなみに、去年はご主人の佐藤久哉さんでした。)

瀧澤さんとは何回かお会いしたことあったので挨拶をしたかったのですが、MERSのグッズの販売やトークショーで忙しそうだったので、挨拶ができなかった。

美樹さんとはカスタムフェアーなどで仕事が一緒になることが多いので、いつもどおり普通に挨拶。でも、今日はトークショーということもあってスカートにロングブーツといつもジーンズの美樹さんとはちょっと、違った雰囲気で新鮮だった。(なかなか、美樹さんのスカート姿って見れないんじゃないかなぁ??)

っていっても、自分も仕事で行っているので、しっかりパンフレット等を配って、スキー場のピーアールをしてきましたよ〜!


帰り際に思わずMERSのロンTも買っちゃいました!(笑)


自分の片品の家から車で15分くらいの丸沼高原スキー場も今日からオープンしたし、もう冬を感じまくりの1日でした!!
posted by よっくる at 22:38| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

インラインキャンプ。

この前の土・日に片品で帝京大学の学生とインラインのキャンプをしました。

インラインをスキーのトレーニングとして行う上で忘れてはいけないことは、スキーとインラインはまったく違うスポーツであるということをしかっり理解した上で、インラインとスキーのリンクしているところを取り入れることであると思う。

普段、インラインのトレーニングをやるときって、スキーと比べて緩斜面での練習が多かったり、スピードも遅い。

なので、インラインで早く滑ろうとするとほとんどの人が行う動作というと、低めのポジション(腰を落としぎみのポジション)から脚を伸ばして加速させようとする動作が多くなってくる。これをスキーのどの場面でも使えるかというとそうではないし、このポジションのみでスキーをした場合、長い軸が取れずに膝下のみの角付けになってしまい、ラインもアンダーラインに入りやすくなるだろし、1分近く滑るには相当の筋力が必要になってくるので、後半はいっぱいいっぱいの膝下の切り替えのみの動きのない、耐えるだけの滑りになってしまう恐れもある。

しかも、インラインをちょっと練習した人は、この滑り方(加速のさせ方)は以外とすぐにできるようになってしまうのだ。


そこで、今回のテーマは高いポジション(腰高のポジション)。

上にも書いたがスキーと違い、緩斜面、低スピードのインラインでは、なかなか、長い軸を使った傾きを出すことは難しいのだけれども、高いポジションから、効率良く力を伝えるための練習を行った。

1日目の最初は学生達も練習に戸惑っていて、なかなか、思うように動けていなかったが、最後の方は何とか形になってきた。

2日目は1日目にコツを掴んだのか、みんなの滑りも少しずつではあるが良くなってきたし、理解してきたのもうかがえた。中には1日目とは別人の滑りを見せてくれた学生もいた。

いつものインラインとはちょっと違う練習ではあったが良いトレーニングになったと思うし、実際、雪上でスキーを履いて、スピードが上がったり、斜面が増した時にこのトレーニングが活きてくると思う。


あと、スタビライゼーショントレーニングや先日、渡辺靖彦君に教えてもらったジャンプトレーニングも少しやりました。(ジャンプトレは見本で何回かやったけど結構疲れた。)


Image020.jpg
帝京大学の学生達。


Image023.jpg
後輩の☆智久君。(わざわざ、福島県から来てくれました!)



今回のトレーニングを学校での部活でも活かしてね!!
posted by よっくる at 22:40| 群馬 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ショック!!

今朝、地元の新聞を読んだら、「今年は暖冬です。」って…。ちょっと、ショックだなぁ。。。。

でも、去年も最初は暖冬って言ってたけど途中で訂正されたから、今年も訂正をよろしくお願いします。


雪がい無いと困ります雪雪雪



あぁ〜、早くスキーしたいなぁ。。。




ちなみに、今日も夕方から、渡辺Bro's&水上Jrのトレーニングに見学・参加してきます。明日・明後日は学生の合宿です。
どちらも、後ほどレポートしまーす。
posted by よっくる at 14:34| 群馬 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

渡辺Bro's&Jr

今日も先週参加した水上のJrのトレーニングに参加させてもらった。

Jrが集まる30分前くらいに渡辺Bro's(一彦君・靖彦君)と3人で体育館に行き、靖彦君のトレーニングの補助をしながら見学させてもらった。以前も書いたけど靖彦君は日本のトップ選手である。その選手のトレーニングメニューはとても興味があったし参考になるので、片品からの片道1時間は苦にならない。

で、今回はジャンプ系のトレーニング。トレーニングの詳細は自分の文章力では説明が難しいから書かないけど(写真を撮ってくれば良かった、すみません。)、ジャンプって、バネ(瞬発力)は必要だし、綺麗に飛んで、良いポジションで着地するにはバランス力もかなり重要になってくるし、着地の後の動き出しにも、ポジションの良さやいろいろな筋力が必要になってくる。また、高い両足ジャンプをリズム良くこなすには脚力だけではなく、下半身と連動した上体の運動(ハンドワーク)も必要になってくる。さすがに靖彦君は無難に黙々とこなしてたけど、自分には無理だなって思った(笑)


その後、Jrも集合しトレ開始。内容は先週とほぼ同じのエンドレスバスケ&バランスボールだったが、今回はその間にさっきのジャンプトレーニング。
靖彦君が一人でやっているときは、完璧過ぎて気付けなかったが、Jrがやってみると一連の動作から、彼らの弱点が良くわかった。例えば、空中でのバランスが悪い子は、腹筋・背筋が弱そうだったり、下半身と連動した上体の運動(ハンドワーク)ができない子は、脚力のみに頼ってしまい、飛ぶ瞬間からバランスがくずれている(しかも、こういう子はジャンプの高さも出ない)。着地直後の動きだしが悪い子は、腹筋・背筋・ハムストリングが弱い(これはちょっと自信ない、間違ってたらすみません)。

スキーに置き換えれば、常に良いポジションやバランスを保ちつつ運動し力を伝え、それをより効率的に活かしたり補助するためのハンドワークといったところでしょうか?(こんな感じでどう?靖彦君?訂正や補うとこがあったらコメントよろしく(笑))


こんな感じで、今日もとても身になるトレーニングだった。(週末に学生の合宿があるので、早速、使わせていただきます!)
自分もシーズンに向けてトレーニングを増やしたいので、またお邪魔させていただくと思うのでその時はよろしくお願いします!


で、時間を巻き戻して。今日は水上に行く前にシーズン前のスキー場周り中の中川岳志コーチ(ICIプロスタッフ・アメアスポーツプロスタッフ)と沼田で会って、シーズン中のスケジュールやキャンプの打合せをしてきました。まぁ、相変わらずだったね(笑)
言っても意味ないのは分かってるけど、いろんな意味で無茶はしないようにして下さい!!

posted by よっくる at 23:52| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スキーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。